世界各国の最新&伝統的なマッサージ技術が集まるアジア屈指のスパ大国シンガポールでは、ラグジュアリーなリラクゼーション体験をしてみるのも旅の醍醐味のひとつです。高級ホテルのスパで一流の技術とサービスに身をゆだねる大人の贅沢を味わってみませんか?

今回は宿泊客以外も利用できるホテルスパの中から、数々の賞を受賞し業界で高く評価をされているシンガポールを代表するとびきり満足度の高い3軒を厳選してご紹介します。

セントーサ島の自然に抱かれたシンガポール最大のスパ「エスパ アット リゾート ワールド セントーサ」

セントーサ島の自然に抱かれたシンガポール最大のスパ「エスパ」

世界的に有名な英国生まれのラグジュアリースパ「エスパ」のアジアの旗艦店で、セントーサ島にある統合型リゾート「リゾートワールドセントーサ」内に位置するシンガポール最大規模を誇るスパ。緑あふれる約1万平方メートルもの広大な敷地にはセントーサの海や自然と美しく調和した庭園や池があり、その周りに贅沢なスパ施設や、ジム、ネイルサロン、レストラン、宿泊可能なヴィラなどが点在しています。スパ施設内がまるで高級リゾートホテルのような雰囲気と規模で、思う存分くつろげます。

ラグジュアリースパ「エスパ」のアジアの旗艦店

施術前の1時間と、1時間以上のトリートメントを受ける方はうれしいことに施術後は時間の許す限り、スパ内の充実したスパ施設が利用できます。施術前にはサウナ、ジャグジーでウォーミングアップ、施術後にはゆったり自然の中でお茶をしたりラグジュアリーな個室ベッドで仮眠をとったり、水着に着替えて泳いだり…。予約時間によっては一日中滞在することも可能なので、贅沢な施設を思い切り満喫しましょう。

また、敷地内にはスパ キュイジーヌを提供するレストラン「タンジェリン」もあるので、ランチやディナーに利用してみるのもおすすめ。

エスパ(ESPA)

トリートメントはボディ、フェイシャル、マッサージと幅広くそろっています。おすすめはトルコの伝統的な浴場で古くから伝わるクレンジングマッサージに基づいた「インダルジェンズ ハマム リチュアル」。あたたかな大理石ベッドに横たわりながらのボディースクラブとボディーマスク、大量の泡でのマッサージによって、頭の先からつま先まで全身を磨き上げてもらえます。シンガポールではこちらでのみ受けられるトリートメントとあって注目を浴びています。

ほかにも定番的な人気を誇るのが、ESPAならではの植物由来のプロダクツを使ったボディートリートメント。中でもエッセンシャルオイルとホットストーンを使うマッサージや、やさしいストレッチの動きが含まれる「エナジー バランシング ボディートリートメント」はイチオシです。

エスパ アット リゾート ワールド セントーサ(ESPA at Resorts World Sentosa)
公式ウェブサイト(日本語):http://resortsworldsentosa.jp/HotelAndSpa/ESPA.html
住所:8 Sentosa Gateway Sentosa Island, Resorts World Sentosa
電話:+65-6577-8880
★インダルジェンス ハマム リチュアル 60分/S$225(税抜)
★エナジー バランシング ボディートリートメント 120分/ S$400(税抜)

シンガポールを一望できる地上200mの天空スパ「バンヤンツリー スパ」

シンガポールを一望できる地上200mの天空スパ「バンヤンツリー スパ」

世界的に展開するシンガポール発のスパブランド「バンヤンツリー」。自国でのサロンは、観光客が必ず訪れるシンガポールのランドマーク、マリーナベイサンズの55階に位置します。伝統的なアジアのテクニックを融合したバンヤンツリーならではのセラピーを都会的なホテルの高層階というロケーションで、すばらしい眺望とともに体験できるのが魅力。

スパ全体が“神秘的な熱帯雨林”をモチーフにしたシックな雰囲気で、ゆとりある個室にはシャワーや洗面所、トイレまで完備され、完全にプライバシーが守られた優雅な環境で施術を受けられます。

「バンヤンツリー スパ」

施術前にはバラの花びらが浮いた足湯でリラックス。足湯で使用するアロマオイルや施術中に部屋でたくお香まで選ぶことができ、心からくつろげる時間を過ごせます。施術後はシンガポール随一の絶景を眺められるラウンジに移動してお茶とフルーツのサービスが。夜景を楽しめる時間帯は特にロマンティックで人気も高いので、早めのご予約がおすすめです。

ラウンジに隣接してお土産にもぴったりなバンヤンツリー スパのオリジナルグッズを多彩に扱うショップもあるので、ぜひのぞいてみましょう。

バンヤンツリー スパ(Banyan Tree Spa)

多彩なトリートメントがそろいますが、一番人気は気軽に受けられる60分または90分の各種マッサージ。バリニーズ、タイ、スウェディッシュ、ロミロミをはじめ9種類ものマッサージタイプから好みで選べ、疲れた体を癒せます。また、極上の贅沢を味わいたいなら150分間の「ロイヤルバンヤン」がおすすめ。あたたかいセサミオイルに浸したハーバルポーチを用いたマッサージで血行を促し筋肉の緊張を解きほぐしてくれるほか、全身スクラブ、翡翠を使ったフェイシャルマッサージ、ハーバルバスまで含まれる贅沢なコース。格別のおもてなしを受けられ、きっと夢見心地になるはず。

バンヤンツリー スパ(Banyan Tree Spa)
公式ウェブサイト(英語):http://www.banyantreespa.com/content/banyan-tree-spa-marina-bay-sands
住所: 10 Bayfront Ave. Marina Bay Sands Hotel Tower 1 Level55
電話:+65-6688-8825
★マッサージ 60分/S$220(税抜) 90分/S$290 (税抜)
★ロイヤルバンヤン 150分/S$510(税抜)
※以下のウェブサイトに日本語の予約ページあり。
http://jp.marinabaysands.com/hotel/amenities/banyan-tree-spa.html#SPcyYOBJFd6myi3M.97

都会の中のサンクチュアリスパ「ザ スパ アット マンダリンオリエンタル シンガポール」

都会の中のサンクチュアリスパ「ザ スパ アット マンダリンオリエンタル シンガポール」

マンダリンオリエンタルが世界で展開するオリジナルスパ「ザ スパ」は、都会的でラグジュアリー、かつナチュラルな要素も併せ持つインテリアで落ち着ける雰囲気。技術はもちろん、おもてなし精神にも定評があり、丁寧なカウンセリングによる一人ひとりの体調や好みに合わせたカスタマイズトリートメントで人気を博しています。カウンセリングシートは日本語のものがあり、細かな部分までリクエストできるので英語が苦手な方でも安心。こだわり派の方もきっと満足できるはず。気軽に利用できるネイルサービス、リフレクソロジーサービスもあり。

「ザ スパ アット マンダリンオリエンタル シンガポール」

カウンセリングもあるので施術の45分前までに着くけるように予約しましょう。カウンセリングの後は、アメジストを使ったクリスタルスチームルームなどを利用することができます。血行を促し、さらに施術の効果を高めることができるのでぜひ活用したいところ。施術前後にはお茶やドライフルーツなどのサービスもあり、ラグジュアリー空間でゆったりと過ごせます。

ザ スパ アット マンダリンオリエンタル シンガポール(The Spa at Mandarin Oriental Singapore)

こちらの名物トリートメントは、陰陽五行の考えをもとに、中医学医師とアロマセラピストが協力して考案したという「マンダリン オリエンタル シグネチャー スパ セラピー」。カウンセリングによって一人ひとりの体調を中医学的に分類し、それぞれに適したアロマオイルとマッサージで体のバランスを整えてくれます。
また、定番人気のボディーマッサージもバリエーション豊富。旅の疲れやストレスを感じている方には、ジンジャーやマンダリン、フランキンセンスを独自で調合したアロマオイルを使用し、体の疲れはもちろん心まで軽やかにしてくれる「オリエンタル エッセンス マッサージ」がおすすめ。

スパ アット マンダリンオリエンタル シンガポール(The Spa at Mandarin Oriental Singapore)
公式ウェブサイト(日本語):http://www.mandarinoriental.co.jp/singapore/luxury-spa/
住所:5 Raffles Ave. Marina Square,Mandarin Oriental
電話:+65-6885-3533
★マンダリン オリエンタル シグネチャー スパ セラピー 110分/S$330(税抜)
★オリエンタル エッセンス マッサージ 90分/S$270(税抜)
※上記のウェブサイトに日本語の予約ページあり。

シンガポールで高級スパをスマートに利用するには?

シンガポールで高級スパをスマートに利用するには?

●ホテルのスパを利用するには事前予約が必要です。スパによっては日本語の予約ページがあるウェブサイトもあるので英語が苦手な方はチェックしてみましょう。週末やハイシーズンの場合は早めの予約をおすすめします。
●高級スパでは施術前にお茶のサービスがあったり、スパ施設を利用できることが多いので、施術時間ギリギリではなく、時間に余裕を持って到着しましょう。
●施術の1時間前から食事やアルコールの摂取は控えることをおすすめします。
●スパ施設内でははしゃいだり、大きな声でのおしゃべりは厳禁です。
●シンガポールではトリートメントルームの空調が効きすぎている場合が多いので、寒く感じる場合は必ずセラピストに伝えましょう。
●施術前にプールなどを利用する場合、水着は持参しましょう。
●フェイシャルを受けた後にメイクをオフした状態で帰ることに抵抗がある場合はメイク道具を持参しましょう。

予定を詰め込んで旅先を駆け抜けるのもよいですが、ラグジュアリーなホテルスパでゆったり過ごしてみるときっとひと味違った大人の旅になるはず。スパというと女性が利用するイメージが強いですが、カップルや男性のみの利用も可能なので、旅の息抜きに男性の方も気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

シンガポールのホテルを探す

シンガポールへの航空券を探す

シンガポールの旅行・ツアーを検索