東京23区ほどの大きさのシンガポールですが、人口密度の高い活気あふれる場所です。多民族であり、様々な宗教を信仰する人々が集まるシンガポールらしく、お土産もバラエティに富んでいます。今日はそんなシンガポールの、贈る人別オススメのお土産をご紹介しましょう。

さらに、「人とはかぶりたくない!」という人へ、ちょっときわどいシンガポール土産も提案しちゃいますよ!

シンガポールが世界に誇る紅茶TWGの「1837 Black Tea」を、ちょっと特別なお土産に

TWGのBlack Tea
Credit: TWG Tea

シンガポールが世界に誇る高級紅茶と言えば、「TWG」です。毎年世界中から、その時に最高に美味しい茶葉を厳選してブレンド。その数はなんと800種類以上に及ぶというから、その専門店としての実力がうかがえます。なかでもTWGの顔とも言える「1837 Black Tea(ブラック・ティー)」は、その上品で奥深い味わいにファンが多い逸品です。ブラック・ティーにフルーツと花のテイストがブレンドされており、喉を通った後にベリーやアニス、キャラメルの香りが広がります。100グラムで40シンガポールドルと少し値は張りますが、パッケージもシックで高級感があるので、ちょっと特別なプレゼントとしても喜ばれます。

TWGは、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル1~3までにそれぞれ店舗があり、帰り道のお買い物にも便利です。なおティールームを併設しているお店に行くなら、プロが一番美味しい淹れ方で出してくれる紅茶をその場でいただくのがオススメ!紅茶のイメージが変わりそうです。

シンガポールの文化を映す「プラナカン雑貨」

プラナカン雑貨

多くの国の影響を受け独特の文化を発展させてきたシンガポール。そんなシンガポールらしさが垣間見られるお土産としてオススメなのが、「プラナカン雑貨」です。

「プラナカン」とは、マレー語で“この地で生まれた”という意味で、中国をはじめ他国からこの地に辿りついた人々が、この地の女性と結婚をして生まれた子孫を 指すと言われています。そのためプラナカン雑貨は、中国やマレーシア、シンガポールなどの文化が融合して生まれました。

その特徴は、なん といってもカラフルで繊細な色使い。パステルカラーと濃く鮮やかな色を見事に融合させ、美しい植物や生物が描かれています。お土産にプラナカン雑貨を探す なら、カトン地区を訪ねてみるとよいでしょう。乙女心をくすぐるカラフルで美しいプラナカングッズのお店が集まっています。ティーカップやお皿などの食器 や、スカーフやサンダルなどの服飾雑貨がお土産に人気ですよ。

トロッと優しい甘さが美味!Kaya(カヤ)ジャム

マレーシア ジャム

カヤ・ジャムとは、ココナッツ・ミルク、卵、砂糖、パンダンリーフから作られた東南アジアでは定番のジャムです。最近では、日本でも「ミルク・ジャム」が ブームになりましたが、このカヤ・ジャムもその一種。ココナッツ・ミルクを使っていることで、健康や美容にもよいと評判です。

カスタードクリームのようにトロッと優しい甘さで美味!

一度食べるとクセになる ラクサ麺

シンガポール土産としても人気のラクサ麺
Photo by misa

ラクサ(Laksa) とは、主にシンガポールやマレーシアで食べられるスパイシーなヌードル料理。地方によって見た目も味もかなり異なりますが、最近日清カップヌードルのフ レーバーに仲間入りし、日本でも注目度を高めているのが濃厚なココナッツミルク入りのシンガポールラクサです。

シンガポールのスーパーでにはいろんなメーカーのラクサ麺が並んでいて、ヌードル好きのお友達へのお土産としてもおすすめです。日本円で日本円で100〜300円で購入可能なので、いろんな種類のインスタント麺を買って食べ比べてみるのもおすすめです!

東南アジアのスイーツの定番、パームシュガー「グラ・メラカ」

グラ・メラカは、伝統的なスイーツに欠かせません!
Photo by 古瀬 朋子

グラ・メラカ(Gula Melaka 英語名Palm Sugar)というのはヤシからとれるブラウン・シュガーのことで、シンガポールをはじめ東南アジア各国で主に菓子に使われています。白い砂糖よりも深く豊かな味、またサトウキビが原料の黒糖にはない独特のバタースコッチのような(時にはスモーキーな)風味が特徴です。

グラ・メラカはスーパーマーケットで袋入りのものが、またウェットマーケットで量り売りのものも手に入るので、シンガポールらしいお土産としておすすめです。

シンガポール文化を感じさせてあげたい!両親や甥っ子・姪っ子には

マーライオンの置物

自分がもらったら困るかも、とわかっていても…それでもシンガポールと言えばやっぱりマーライオン!無邪気に贈りましょう。

マーライオンのお菓子

手軽に手に入るマーライオンチョコレートやマーライオンクッキーは、安定の味とかわいい見た目で、子どもたちのお土産にオススメ。

 

マーライオン

サクッと美味しい、誰にでも愛されるシンガポールのクッキー

誰にでも愛されるクッキーやチョコレートをお土産で買おうとすると、美味しいものを探すのは意外に難しいもの。シンガポールで美味しいクッキーを探すなら、「Bengawan Solo(ブンガワン・ソロ)」に行けば間違いないでしょう。

1979年に1人の女性が始めたこのお店、その美味しさが評判を呼び、今では国内に約40もの店舗を構える超人気店になりました。お土産に人気なのは、缶入りクッキー。花が描かれたかわいらしい缶に入っていて、贈り物にもピッタリです。味の種類も豊富で、マカダミアナッツやカシューナッツ、ヘーゼルナッツなどのナッツ系、コーヒーやチーズ、コーンフレーク、ヒマワリの種入りクッキーなんていうものも。その他にも、甘酸っぱいジャムの入ったパイナップル・タルトやプラウンロールも人気です。

どれも1缶20シンガポールドル前後と、お土産にも手頃。シンガポール・チャンギ国際空港にも3つの店舗があるので、帰路に買えるのも嬉しいですね。

ラッフルズ・ドアマン・プラッシュ・トイ

超名門「ラッフルズ・ホテル」のドアマンは、凝ったユニフォームが話題。でも一歩間違えれば、ただのおじさんの人形…。

美容グッズはマスト!女友達に

スターバックスのシンガポール限定マグカップ

すなわち、マーライオンのイラスト入りマグカップ。スターバックスのロゴとマーライオンの共演が、なんともユニーク。

スターバックス マグカップ

Watsonsの“bird’s nest”フェイシャルマスク

超高級食材としても重用される“ツバメの巣”のフェイシャルマスク。たっぷり美容エキスがしみ込んでいて、お肌がモチモチになると大人気。お値段もお手頃です。

タイガーバーム

筋肉の疲労やコリに効く、あのタイガーバームです。
お疲れ気味の上司を労り、“本場のタイガーバームです”と箔(はく)をつけて贈りましょう。

はずさない!安定の“旨さ”を男友達に

 ラクサ・ペースト

エビをベースにしたシンガポールの味、ラクサ。麺のスープとして人気ですが、麺もスープも入っていない男らしいペーストをお土産に。
ラクサ

カップヌードル「チリクラブ味」

スパイシーなチリ味のスープに蟹の旨みを感じる、安定のご当地NISSINカップヌードル。男友達へのバラマキ土産にもオススメ!

ご近所さんにはおやつにもおつまみにも美味しい

チリプラウンロール

ピリッと辛いエビのスナック菓子は、おやつにももちろん、ビールのおつまみにもピッタリ。

子どもから大人まで嬉しい一品です。

プラウンロール

ドリアン・ケーキ

「果物の王様」ドリアンのケーキ。もっちりとした食感と、独特のサッパリとした甘さが人気。でも臭いはやっぱり…!?

おすすめのショッピング場所は?

シンガポールでショッピングをするなら、迷わず「オーチャード・ロード(Orchard Road)」を目指しましょう。オーチャード・ロードは全長約3キロにわたる通りで、22のショッピングモールと6つのデパートが集結するショッピングエリアです。有名ハイブランドから若者に人気のカジュアルブランドまで、ここに来れば買えないものはありません。お土産探しから自分のお買い物まで、一日中楽しめますよ。

オーチャード・ロード(Orchard Road)
アクセス : MRT「Orchard MRT Station(オーチャード)駅」「Somerset(サマセット)駅」「Dhoby Ghaut(ドービー・ゴート)駅」の各駅からすぐ

営業時間は店舗により異なりますが、夜遅くまでやっているところが多いので観光後の買い物にも便利です。ショッピングのほかカフェやレストランも集結しているので、ちょっと休憩をしたりご飯を食べたりするのにもオススメです。

 

シンガポールのホテルを探す

シンガポールへの航空券を探す

シンガポールの旅行・ツアーを検索