名店ヒルマンで味わうシンガポールグルメ「ペーパーチキン」

名店ヒルマンで味わうシンガポールグルメ「ペーパーチキン」

シンガポールのローカルグルメといえばチリクラブやチキンライス、ラクサなどが有名ですが、実は昔からシンガポールで暮らす日本人に絶大な人気を誇る料理があります。その名もペーパーチキン。聞き慣れない名前ですが、どんな料理なのでしょう? このペーパーチキンの名を世に轟かせた1963年創業の老舗中華レストラン「ヒルマン レストラン」とともにご紹介しましょう。

シンガポールで日本人に愛されるローカルグルメ、ペーパーチキン

シンガポールで日本人に愛されるローカルグルメ、ペーパーチキン

ペーパーチキンとは、タレに長時間漬け込んだぶつ切りの骨なし鶏肉をパラフィン紙で包んで油で揚げた料理のこと。世界的に有名なミシュラン星付きレストランのオーナーシェフ、ポール ボキューズが「ヒルマン レストラン」のペーパーチキンを食し「3つ星に値する味」と大絶賛したことで一躍有名になりました。

ペーパーチキンの通の楽しみ方を伝授!

ペーパーチキンを一番おいしく味わう基本は熱々の状態で食べること。冷めるとパラフィン紙が鶏肉にくっつきやすくなり、鶏肉のジューシーなおいしさも半減してしまうので、他の料理を後回しにしてでも熱々のうちに平らげてしまうことをおすすめします。

またペーパーチキンのおいしさはパラフィン紙の中に閉じ込められた肉汁やタレにもあります。袋状に加工されたパラフィン紙に鶏肉とタレを入れ、入り口をしっかりねじった状態で揚げられるので、袋の中にうまみがぎゅっと凝縮されるのです。通の方はペーパーチキンの紙を皿の上ではなく、別注した白ご飯の上で開きます。

ペーパーチキンの通の楽しみ方を伝授!

そうすることでオイスターソース、醤油、紹興酒などで作られる秘伝のタレと肉汁をあますことなく白ご飯で受け止めることができ、2度おいしさを楽しめるというわけです。

ペーパーチキンは1皿5個入り、10個入り、15個入り、20個入りと4種類あり、人数に合わせて数を選択できるのがうれしいところ。1つの大きさが一口大サイズ (日本の鶏の唐揚げほど) なので、他に注文する料理の量にもよりますが、女性でもおいしさにつられて1人5個は食べられそう。ペーパーチキンを目的にお店を訪れるのであれば、2人で5個なら物足りなく感じるかもしれません。

ペーパーチキン 5個(S$ 11)/10個(S$22)/15個(S$33)/20個(S$44)
※追加1個につきS$2

ペーパーチキン以外の料理もおいしい「ヒルマン レストラン」

ペーパーチキン以外の料理もおいしい「ヒルマン レストラン」

「ヒルマン レストラン」はいわゆる庶民派の中華レストランですが、その昔、エリザベス女王が来星された際に立ち寄られた歴史ある店。ペーパーチキンで有名になりましたが、一般的な中華料理から中華風土鍋煮込み料理、海鮮料理まで多彩なメニューがそろいます。メニューは日本語表記もあるので英語が苦手な人もご安心を。

ペーパーチキンのサイドメニューとしては、東南アジアでよく食べられるカイランという野菜(別名チャイニーズブロッコリー)のオイスター炒めや、卵豆腐の厚揚げにひき肉のあんをかけたハッピー豆腐などがおすすめ。料理はすべてS M Lとサイズが選べるので、少人数でもいろんな料理を楽しめます。

カイランのオイスター炒め S (S$12)/M (S$17)/L (S$22)
ハッピー豆腐 S (S$16)/M (S$24)/L (S$32)

人気店につき予約は必須ですが、在星日本人のお墨付きのローカルグルメをぜひ味わってみてください。

ヒルマン レストラン 店舗内画像

「ヒルマン レストラン」のすぐ近くには、お土産探しに観光客からも大人気の巨大なディスカウントショッピングセンター「ムスタファ センター」があるので、食事のついでのお買い物もおすすめですよ。

ヒルマン レストラン(Hillman Restaurant)
公式サイト(英語):http://hillmanrestaurant.com
住所:135 Kitchener Rd.
電話:+65-6221-5073

ヒルマン レストラン

ヒルマンレストランのペーパーチキン

シンガポールのホテルを探す

シンガポールへの航空券を探す

シンガポールの旅行・ツアーを検索