一日が終わったらのれんをくぐって腰を下ろし、「とりあえずビール」の一言。お供は枝豆や冷奴な方も多いのではないでしょうか?日本ではビールに枝豆。他のところの定番おつまみはこんなものだった!マレーシアの場合は・・・

常夏マレーシアの定番ビールはタイガー

マレー系、中国系、インド系など様々な民族が共存するマレーシア。それぞれの独特な文化と習慣が、マレーシアの熱気と魅力をつくり出します。信仰も様々なマレーシアですが、国教はイスラム教でマレー系の民族の多くがイスラム教を信仰しています。イスラム教ではお酒は飲みません。ではマレーシアに旅行をしてもビールは飲めないか、というとそんなことはありません。

中華系のレストランやスーパー、ホテルなどでもお酒を楽しむことができます。そのような背景で、“マレーシアの地ビール”というものはありませんが、マレーシアで最もポピュラーなビール「Tiger(タイガー)」は、マレーシアの会社がマレーシア国内で製造しています。クセがなく、ゴクゴクいける爽快なのどごしで、常夏のマレーシアにピッタリのビールです。

マレーシア ビール

ビールにもピッタリ!体も喜ぶ漢方鍋・バクテー

マレーシア パクテー
マレーシアでビールを楽しむなら、オススメは「バクテー」。“肉骨茶”と書くマレーシアの鍋料理で、ぶつ切りにした豚のあばら肉を漢方のスープで煮込んだもの。漢方薬をたっぷり使ったヘルシーで体にも優しい料理で、現地でも人気の一品です。マレーシアにはバクテーを食べられるレストランや専門店がたくさんあります。その多くでビールを提供しているのも、嬉しいところ。

マレーシアはバリと同様、アルコールに対する税金がとても高いことで知られます。物価の安いマレーシアのスーパーでは特に割高に感じてビックリしてしまうことも。ホテルなどではより値段が上がります。そんなマレーシアでも、多くのレストランでビール好きの味方“Happy Hour”をやっていますので、利用しましょう。

それではみなさん、カンペイ…(中国系の乾杯)!

クアラルンプール旅行・ツアーを検索

コタキナバル旅行・ツアーを検索

ペナン島旅行・ツアーを検索

ランカウイ旅行・ツアーを検索