ポルトガルとアジアの貿易拠点として発展したマカオは、西洋と東洋が融合した豊かな食文化が旅の楽しみのひとつです。中でも「アフリカンチキン」は、ここマカオでしか食べることができないご当地グルメ。でもアフリカン?その理由は、この地に流れた歴史そのものなのです。

そもそもマカオ料理って何ですか?

マカオ

大航海時代の16世紀、ポルトガルはキリスト教布教と香料貿易の独占を目的に、アジアの拠点をマカオに置きました。多くの西洋文化がマカオに持ち込まれ、その面影は現在もマカオに残る多くの建造物にみられます。
ポルトガル料理もそのひとつ。航海中に立ち寄るさまざまな経由地で手に入れた香辛料が、マカオで食されていた広東料理と結びつき、独自の路線で進化を遂げ「マカオ料理」を生み出しました。ここには、目と鼻の先の香港にはない食文化が根ざしています。

アフリカンチキンの味は千差万物

アフリカンチキン

アフリカンチキンは、航海中の船乗りたちが、経由地だったアフリカで好んで食べた辛い鶏肉のグリルが原型。香辛料を使用した鶏肉という以外、味や見た目にルールはなく、作り方はレストランによって千差万物。そんなアフリカンチキンを看板メニューとしているレストランも多数あるので、いろんな店で食べ比べてみると、アフリカンチキンの奥深さにハマっちゃいますよ。

ソースなしの旨辛グリルチキン

ピリピリチキン風のアフリカンチキン

ポルトガル料理の「ピリピリチキン」は、東アフリカのモザンビークで食べられている「ピリピリ」という辛い調味料に漬けて焼いた鶏肉料理がポルトガルに持ち込まれ広まったもの。そんなピリピリチキン風のアフリカンチキンを提供しているのが、マカオ料理の人気店「ダンボ」。見た目はシンプルな炭焼きチキンですが、門外不出の香辛料で丹念に揉まれた鶏肉は、刺激的な辛み、肉の旨みとジュージーさがガツンときます。思わずかぶりつきたくなる逸品です。

ダンボレストラン(小飛象葡國餐)
住所:澳門氹仔土地堡街喜来登広場地下A舗連壹楼全層
Rua Do Regedor Loja a R/C, Hei Loi Tang Kong Cheong, Taipa, Macao
営業時間:11:30~23:00
値段:半羽122MOP(約1530円)

たっぷりソースの定番アフリカンチキン

定番アフリカンチキン

定番のアフリカンチキンといえば、鶏肉にピリ辛ソースがたっぷりかかったもの。そのスタイルを作り上げたのが、1961年創業の人気の老舗レストラン「ソルマー」。店の看板メニューはもちろんアフリカンチキン。味の要となるソースは、数十種類の香辛料を季節によって配分を調整する匠の技がきいています。メインの鶏が見えなくなるほどたっぷりとかけられており、このソースを食べるために足繁く通う常連客も多いのです。

ソースをたっぷりかけたアフリカンチキンの考案者で、創業以来の味を守り続けている楊シェフ。「残ったソースはパンに絡めて食べても美味しいですよ」と教えてくれました。ソースの最後の一滴まで楽しめる美味なるアフリカンチキンです。

Macao06
ソルマー(沙利文餐廳)
住所:南灣大馬路512号
Avenida da Praia Grande 512, Macao
営業時間:11:00~23:00
料金:175MOP(約2200円)

見た目も味もコスパも高いフュージョン・アフリカンチキン

フュージョン・アフリカンチキン

進化系アフリカンチキンは、アフリカや中東で主食とされるクスクスの上に香ばしく焼き上げたチキンをのせて、少量のソースでお洒落な仕上がり。レモンの皮で爽やかさを演出しつつ、辛みを適度に抑えたソースは、マイルドな味わいながらもアフリカンチキンであることしっかり主張しています。

このアフリカンチキンを提供するのは、モンハの丘に立つ「IFTエデュケーショナルレストラン」で、観光専門大学のトレーニング施設を兼ねたレストランです。プロの指導を受けながら真剣に取り組む学生たちの仕事は、ミシュランがビブグルマンと認める折り紙付き!学生たちのトレーニングの場でもあるので、上質な食事をおトクにいただけるわけです。

IFTでもうひとつおすすめの料理が、アフリカンチキン同様にマカオ料理を代表する「ミンチー」。素揚げのジャガイモとスパイシーな挽き肉の上に目玉焼きをのせたマカオ版のおふくろの味といったところ。甘辛の挽肉はご飯にもお酒のアテにも相性抜群。金メダルをあげたいくらい!

IFTエドゥケーショナルレストラン(旅遊学院教学餐廳)
住所:澳門望廈山 Colina de Mong-Ha, Macao
営業時間:12:30~15:00、19:00~22:30
料金:アフリカンチキン130MOP(約1630円)
ミンチー120MOP(約1500円)

お店ごとに調理法も味つけも異なり、同じ味は2つとないアフリカンチキン。マカオの大航海時代の歴史を物語る伝統料理をご賞味あれ!

マカオのホテルを探す

マカオへの航空券を探す

マカオ旅行・ツアーを検索

※1 MOP = 12.5803 JPY 2016年8月現在
協力:マカオ観光局