ソウル世界花火大会で秋の花火を満喫

毎年恒例となっている秋の風物詩、ソウル世界花火大会が今年は10月4日(土)の開催を予定している。花火の打ち上げ予定時刻は、午後7時半から9時まで。会場となるのは、63シティ前の、汝矣島漢江市民公園。最寄り駅は、ソウル都市鉄道5号線「汝矣ナル(ヨイナル)駅、ソウル都市鉄道5号線・ソウル市メトロ9号線「汝矣島(ヨイド)駅」及びソウル市メトロ9号線「セッカン駅」である(混雑の場合、汝矣ナル駅を通過する場合があるので、要注意)。

昨年は、韓国を始め、日本、カナダ、フランスを代表するチームがこの花火大会に参加している。今年も100万人以上の市民や観光客が集まる見込みで、会場は大変混み合うと予想されている。場所取りはお早めに。

尚、この時期のソウルは、秋の紅葉は勿論のこと、ワタリガニ(コッケ)、大正えび(テハ)、テナガタコ(ナッチ)、松茸など、秋ならではの旬の味覚が楽しめるベストシーズン。ぜひ秋の花火を満喫してみてはいかがだろうか。

ソウルへの航空券を探すソウルのホテルを探すソウルの旅行ガイドをチェック