インドネシアに「ラッフルズ ジャカルタ」がオープン!

フェアモント、ラッフルズ、スイスホテル、計3つのホテルブランドを傘下に持つフェアモント ラッフルズ ホテルズ インターナショナルが、インドネシアの首都ジャカルタに「ラッフルズ ジャカルタ」をオープンした。

ラッフルズ ジャカルタは、高級ブティックやオフィスで構成されている複合施設「チプトラ ワールド ジャカルタ」内に位置し、昨年2014年にオープンしたチプトラ アートプレネアセンター(Ciputra Artpreneur Centre)への専用アクセスも設けられている。チプトラ アートプレネアセンターには、シアターを始め、ギャラリー、ミュージアム等が併設されており、様々なイベントが常時開催されている。

尚、ホテルはジャカルタ市内最大の面積を誇るスイートルームを含む合計173の客室を提供。館内には、ラッフルズ シンガポールでもお馴染みの「ライターズ・バー」を始め、合計3つのバー、カフェ、プールサイドダイニングなども用意されている。また、2015年後半には2つのレストラン、さらに6つのトリートメントルームを設けたスパ施設、子供プールや遊び場を含むプールエリア、フィットネスセンター、ヨガ・テラス、テニスコート、300メートルのジョギングトラックなどもオープンする予定。ちなみに、ホテル内装のインスピレーションは「アート」とのことで、特にインドネシアのアーティスト、ヘンドラ・グナワンへのオマージュとも言える鮮やかな色遣い、力強いラインが見受けられる。