現地で食べたお料理を再現してみたい!と思うことってありませんか?

バリにはたくさんのバリ料理クッキングクラスがあります。開催場所や形式も様々。例えばレストランだったり、一般家庭だったり、ホテル内だったり。自分に合った教室を選べるのがメリットですが、問題は言葉。たいていのクラスは英語での開催となっています。

「英語には自信がないけど、バリ料理を習いたい!」という方におすすめなのがウブドのニュークニンにある和食店「影武者」で開催されている「ダプール・バリ(Dapur Bali)」という料理教室。影武者のオーナー、佐藤由美さんは在バリ25年。ご主人のお母様から受け継がれたバリの家庭料理を楽しく、丁寧に教えてくださいます。

日本語テキストを使ったバリ特有の野菜やスパイスの説明からスタート

日本語テキストを使ったバリ特有の野菜やスパイスの説明からスタート

日本語テキストを使ったバリ特有の野菜やスパイスの説明からスタート
日本語テキストを使ったバリ特有の野菜やスパイスの説明からスタート

「ダプール・バリ」では詳しい日本語のレシピもついています。教室はまずバリ特有の野菜やスパイスの説明からスタートします。実際に手に取って形や香りを確かめながらそれがどんな役割をするのか、わかりやすく説明してくださいます。

バリならではの調理器具を使って・・・

バリならではの調理器具を使って・・・

バリ料理のベースとなるソース作りは、この石で出来た道具でスパイスや野菜をつぶすところから始まります。

これがなかなかコツのいる作業。先生は簡単そうに手早くやっているのですが見るとやるとでは大違い!

バリならではの調理器具を使って・・・

バリ料理に欠かせないココナッツも専用のおろし器があるのです。

こういうのを知ることができるのも楽しいですよね。

カットの仕方や火の通し方も詳しくレクチャー

カットの仕方や火の通し方も詳しくレクチャー
この日の参加者は私を入れて4名。手分けをしてどんどん進むお料理。

先生は知識豊富で説明がとても分かりやすいので初めてでも楽しくお料理をすることができます。

カットの仕方や火の通し方も詳しくレクチャー
焼きたてアツアツのサテをつまみにビール飲んじゃいましょうか!なんていう時間もあったり。
バリ料理の味の決め手はサンバルマタ!

バリ料理の味の決め手ともいえるのがサンバルマタ(生サンバル)。

バワンメラという赤玉ねぎ、レモングラスや唐辛子などをココナッツオイルで和えた薬味のようなものですが、おかずに乗せてもよし、ご飯に乗せてもよし。どこの家庭でも常備している調味料で、これもとても美味しいレシピを教えてくださいました。バリでこれの虜になる方も多いのではないでしょうか。

完成したお料理でランチタイム

この日はバリの代表的なお料理、ナシチャンプル(いろいろなおかずをのせたご飯)とソトアヤム(鶏肉のスープ)。

完成したお料理でランチタイム

作りたいメニューは事前にメールなどでリクエスト可能なので何度でもレッスンを受けたくなりますね。スーパーなどで売られているインスタント食品もたくさんありますが、やはり一から作ったオリジナルのバリ料理は最高です!

完成したお料理でランチタイム

レッスンを受けてその奥深さを知ると、ますますバリ料理が好きになりますよ!

Dapur Bali(ダプール・バリ)
住所:Jl. Nyuh Kuning. Ubud, Indonesia
電話:0812-363-5252
時間:10:00~14:30(火曜・金曜 応相談)
料金:Rp.400.000/1人
公式サイト:http://www.dapurbali.com/

アクセス方法:モンキーフォレスト入り口より徒歩約15分

アクセス方法

ウブドのホテルを探す

ウブドへの航空券を探す

ウブド旅行・ツアーを検索