関税のない香港は、プチプラからブランドショッピングまでよりどりみどり揃うお買い物天国。その中でもお得にブランドショッピングが楽しめるアウトレット、特にプラダのアウトレットは大人気です。しかし、プラダアウトレットは、観光客にとって地下鉄も通らない郊外にあるため、多くの方がタクシーを利用されています。そのため言葉や帰りの手段が不安で行きたくても行けなかったという話をよく聞きます。
そんな皆さんのために、香港ではメジャーな交通手段である公共バスを利用した行き方をご紹介します。

実はとっても簡単!バスを利用する香港プラダアウトレットの行き方

バスを利用する香港プラダアウトレットの行き方

香港で一番便利でメジャーな交通手段はダブルデッカーと呼ばれる二階建てバスです。慣れない広東語表記や複雑な路線図のせいで観光客にはハードルが高いと思われがちですが、MTR(地下鉄)が通じていない場所でもほぼ網羅されているので、とても便利な交通手段なのです。

そんなバスでプラダのアウトレットに向かうには、まずはMTRの中環(Central/セントラル)駅を目指しましょう。

わかりにくい香港のバスを簡単に利用するコツのひとつは、多くの路線が集約されているバスターミナルを利用すること。まず香港ではバスの停留所で待っていたとしても、手を揚げないと止まってくれないタクシー方式です。バスターミナルは始発、終点が多く、路線の途中であっても待っている客がいれば必ず止まるので乗り損なったり通り過ぎてしまう心配がありません。

また、どのバスに乗ったらいいかわからなくても、ターミナルには各バス会社のスタッフがいるので、行きたい地名さえわかっていれば教えてもらえます。
中環駅の近くには大きなバスターミナルがあり、さらにはここから目的地である鴨脷洲(Ap Lei Chau/アプ・レイ・チャウ)地域まで急行バスが出ているので、それに乗れば所要時間は約20分。あっという間にプラダアウトレットに到着できます。

MTRのセントラル駅の出口はA

MTRのセントラル駅の出口はA、B、Cのアルファベットで区分けされています。ここで目指すはA出口です。

MTRのセントラル駅の出口はA

エスカレーターで地上に出ると、すぐ目の前に歩道橋があるので、対岸に渡ります。

MTRのセントラル駅の出口はA歩道橋
渡り切ったビルのエスカレーターで一階に降ります

渡り切ったビルのエスカレーターで一階に降ります。

道路沿いに右に曲がって少し歩くとバスターミナルに到着です

道路沿いに右に曲がって少し歩くとバスターミナルに到着です。

今回利用するのはこの590番(特快)

今回利用するのはこの590番(特快)。

ちなみに香港のバスには時刻表というものはありません。かわりに大体何分おきに来るかの目安が時刻表の右側あたりに書いてあります。

中環からの運賃は6.9HKD(香港ドル/2016年5月現在)。香港のバスは運賃のお釣りがでません。ぴったりの小銭か、もしくは「Suica(スイカ)」や「Pasmo(パスモ)」のような香港版電子マネー「八達通(Octopus/オクトパス)」の用意をしてください。

なお、八達通は買い物にも使えるので、香港に着いたらすぐに購入するのがお勧めです。香港国際空港に、販売カウンターや各MTRの駅の駅員のいる窓口で購入できます。購入には最低入金額である100HKDとデポジットの50HKDあわせて150HKDが必要。チャージも同じくMTRの窓口でできます。

590番
バスターミナルです

降りるバス停はこちらの海怡半島(South Horizons/サウスホライズンズ)のバスターミナルです。

降りるバス停はこちらの海怡半島
バスを降りたら、ターミナル正面の通り怡南路

バスを降りたら、ターミナル正面の通り怡南路(Yi Nam Road)」に出て右側を見ると、道路の交差点に海怡東商場(Marina Square East Centre)というショッピングセンターが見えます。

怡東商場
この海怡東商場を右に進めばすぐプラダの看板が見えてきます

この海怡東商場を右に進めばすぐプラダの看板が見えてきます。

なお、同じ中環のバスターミナルから90番、91番のバスでも同じように行くことができますが、各駅停車なので時間がかかるうえ、路線が若干変わりますので注意してくださいね。(降りる場所は一緒です。)

事前に知っておきたい 香港の買い物ルールとより安く買える裏技!

割引率の表記

香港は基本的に英語が通じますが、公用語は広東語。英語で会話していても実際にはきちんと意思が通じていなかったということも多くあるので、基本的なルールは押さえておきたいですね。

例えば、割引率の表記は英語や日本語と逆なので注意が必要です。
日本語の八割引きは、80%の割引になりますが、広東語で書かれた「打八折」は実は二割引きの意味。「八割引なんてお得!」と確認しないでいたら、レジで「しまった!」ということにもなりかねません。

また、ショッピングバックは無料で入れてくれるお店もありますが、一般的には有料です。(スーパーのプラスチックバッグでたいだい50セント前後です。)
商品を受け取る際に「バッグはいりますか?」と聞かれて「はい」と答えたらしっかりレシートに反映されていた、ということになります。少額とはいえチリも積もれば、ですから、もしたくさん買い物をするつもりなら、最初からエコバックや紙袋を持参しておきましょう。

一つ買えば、もう一つ同じものがもらえる

香港でお得な買い物をしたければ、やっぱりセールシーズンを狙うべきです。香港でのセールシーズンは、夏場は7月から8月、冬場はクリスマス前から旧正月前まで。特に旧正月前の割引率は大きく、70%オフなどは当たり前。香港でよく目にする買一送一(Buy1 Get1 Free/「一つ買えば、もう一つ同じものがもらえる」という意味)も、このセール時期にはぐんと増えます。

店舗によっては「買二送三(Buy2 Get3 Free)」なんて豪快なものもちらほら見かけるので、まとめてお買い物したければこの時期の来港がオススメ!

さらに香港では、旧正月期間には靴を買ってはいけないという風習があります。これは、広東語で靴のことを”鞋(ハアイ)”と呼び、まるでため息をついているようで、あまり縁起が良くないからなのだとか。なので、新正月から旧正月までの期間は特に靴が安くなる傾向があります。もちろんブランドショップやアウトレットも例外ではないので、特に靴に目のない方は、ぜひ旧正月直前の香港を狙ってみてください。

※旧正月は毎年時期が異なります。カレンダーなどで調べてから予定を立てることをお勧めします。

MaxMaraやMARC JACOBSも!あわせて立ち寄りたいアウトレット天国

Horizon Plaza

プラダアウトレットから徒歩10分程度の場所に、多くのブランドアウトレットが入店する知る人ぞ知る海怡工貿中心(Horizon Plaza/ホライズンプラザ)があります。
まだ日本ではあまり知られていませんが、MaxMara(マックスマーラ)やSalvatore Ferragamo(フェラガモ)、ラルフローレン(RalphLauren)、マークジェイコブス(MARC JACOBS)などの高級ブランドから、FoliFoli(フォリフォリ)などのジュエリーブランドやTREE(ツリー)のようなインテリアショップまで、お買い物好きな方にまさに天国のようなところです。

行き方は、海怡半島のバスターミナルまで戻ったら、今度は道路を渡って左側に歩きます。そのまま海を右手に見ながら利南路(Lee Nam Road)に沿って歩けば10分程度で到着。

利南路
Horizon Plaza正面入り口

正面入り口を入ったら、ロビーフロアには入店ブランドの一覧がずらり。

入店ブランドの一覧

とにかくたくさんの店舗が入っているので、案内所でパンフレットをもらうなどして効率よく各フロアを回りましょう。

MaxMara(マックスマーラ)

個人的なおすすめブランドはMaxMara(マックスマーラ)やSalvatore Ferragamo(フェラガモ)。
特にフェラガモは靴やバックが充実していて、ほぼ半額以下で品ぞろえも豊富です。特に靴はサイズが一般的なサイズよりも小さいもの、大きいものはびっくりする値段で売られていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

店舗によっては、人気のVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)やUGG(アグ)、あまりアウトレットでは見かけないAlexander McQueen(アレクサンダー・マックイーン)なども揃えている場合もあるのでよくチェックしてみてくださいね。

ウトレットショップ

DISELなどのメンズブランドも充実しているので、男性でも十分にショッピングを楽しむことができます。
中心地から外れていますが、1日中ブランドショッピングが楽しめちゃう鴨脷洲(アプ・レイ・チャウ)エリア。香港のバスはかなり遅めの時間まで運行しているので、お買い物に夢中になって遅くなっても大丈夫!
買い物天国香港で、さらにお得なショッピングを楽しんでくださいね。

プラダアウトレットショップ
住所(英語):2F, East Commercial Building, Yi Nam Road, South Horizons
住所(中国語):香港鴨脷洲海怡半島東冀商場2楼
営業時間:月~土曜日10:30~19:30、日・祝12:00~19:00

海怡工貿中心(Horizon Plaza/ホライズンプラザ)
住所(英語):Horizon Plaza, 2 Lee Wing Street, Ap Lei Chau, Hong Kong
住所(中国語):香港鴨脷洲海怡工貿中心
※営業時間は店舗により異なります。

香港のホテルを探す

香港への航空券を探す

香港旅行・ツアーを検索

文・写真:小林聖子