半数が会社には内緒で行く派?みんなの週末海外旅行の行き先調査

半数が会社には内緒で行く派?みんなの週末海外旅行の行き先調査

「たまには海外に行きたい!」そう考えている人にとって、一番大きな壁となるのはやっぱり仕事。1週間くらい休みを取りたいけど、そんなこと言い出せる雰囲気じゃないし、まわりに気を使うのも面倒くさい……。その気持ち、よーく分かります!
そんな人におすすめしたいのが、週末海外旅行。場所によっては土日だけで十分楽しめるうえ、1日でも有休をくっつければ、2泊3日のお手軽バカンスに早変わり!

今回は、そんな週末海外旅行を会社に内緒でこっそり遂行するために、短い休みでも楽しめる旅行先をアンケート調査しました。先人たちの偉業(?)に学んで、あなたもささっと海外に出かけてみてはいかがでしょうか?

会社には内緒にして旅行に行く人も!?

週末旅行、有給休暇はどうする?会社に内緒にする?

週末旅行の際、有給休暇を使うかどうか

せっかくなら、海外にはできるだけ長く滞在したいもの。週末海外旅行の経験者に「有給休暇を使いましたか?」という質問をしたところ、約半数の52%の人が「使っていない」と回答しました。

その理由として考えられるのがこちら。同じく週末海外旅行の経験者にたずねたところ、同じく約半数の49%の人が「会社には内緒にして旅行に行きたい」と回答しています。

週末旅行は会社に内緒にしていきたいですか?

会社に内緒にしたい理由は……?

有休を使えば、もっと長く海外を楽しめるのに……と思ってしまいますが、それでも会社に知られたくない理由はどこにあるのでしょうか? こちらもアンケート調査してみると、なんと46%の人が「お土産を買うのが面倒だから」という回答。
確かに会社用のお土産は迷うもの。上司にばらまき土産を持っていくわけにもいかないし、同じ部署、同じフロアの人など、どこまで買う必要があるのかなんて悩んでいると、それだけで貴重な時間を浪費してしまいそうです。

また、そのほかの理由としては「仕事で成果が出せていないのに、遊んでいると言われそう」「有休を取ることをよく思わない人もいる」などの回答もありました。気にしなければいいと思えればいいのですが、なかなかそうもいかないのが難しいところ。「有休とって海外旅行」の壁は、思った以上に高いのかもしれません……。

有休を取って旅行するのは、少しずつ一般的になっている!?

その一方で注目したいのは、48%の人が有休をとって海外旅行に出かけているというもの。

「日本人は休みも取らず働きすぎ」とはよく言われていることですが、実は2014年の有給休暇国際比較調査2014 によると、日本の有休消化率は50%となっており、7年ぶりに最下位から脱出したという嬉しい結果が出ています。

さらに、取得した有休の使い道は、約56%の人が「複数回に分けて短い旅行に行く」というもの。「有休をとって旅行する」ことが、少しずつですが一般的になってきていることがうかがえます。この流れが、もっともっと一般的になればいいのにと願っているのは、私だけでしょうか!?

週末海外旅行で人気なのはアジア・グアム・ハワイ!

直近の旅行で行った国はどこ?

直近の週末旅行先

 

さて、そんな週末海外旅行の行き先は、どこが人気なのでしょうか? アンケート結果によるとトップ3は「韓国(20.1%)」「ハワイ(14.8%)」「グアム(14.8%)」の3つ。以下、「台湾(7.0%)「香港・マカオ(5.7%)」と続いており、「タイ(4.9%)」などアジアの国々も上位にランクインしています。

これらの行き先に共通しているのは、距離の近さもありますが、日本からの直行便が頻繁にあるということ。乗り継ぎで時間をムダにしないだけでなく、出発日や時間が制限されないというのも大きなメリットです。やはり週末旅行は、いかに行きやすい場所を選ぶかがポイントになりそうですね。

人気の渡航先、韓国・グアム・ハワイの魅力はどこにある?

友人と食べ歩きするなら、やっぱり近場の韓国がおすすめ!

韓国の魅力

 

週末海外旅行の渡航先ランキングでトップに輝いた韓国。その人気の理由はどこにあるのでしょうか?

その大きな理由と言えそうなのが、旅行にかかる予算です。アンケート調査によると、なんと43%の人が3〜5万円未満で旅行していたことが分かりました。それ以下の予算で旅行している人も多いことを考えると、思った以上に低予算で楽しめる場所と言えるのではないでしょうか。
また、旅行日数としては「3日間(61%)」を筆頭に、「2日間(20%)」「4日間(10%)」の順にランクイン。中には「日帰り(6%)」なんていうツワモノもいました。
このくらいの金額と日数であれば、むしろ国内旅行するよりも気軽に行けるのではないでしょうか。

一緒に旅行する相手としては「友人(51%)」「家族(20%)」「ひとり(8%)」「恋人(8%)」の順番に。また、旅行の目的は「観光スポットへ出かける(27%)」という一般的なもののほかに「食べ歩き(29%)」「ショッピング(23%)」「エステやスパ・マッサージ(14%)」などがランクインしました。

短い日程でも友人と一緒に食べ歩きやショッピングが楽しめて、さらに低予算でおさえられる。この手軽さが韓国旅行が人気となる理由と言えそうです。

 

手軽にリゾートを楽しむならグアムがおすすめ!

グアムの魅力

それでは、グアムが人気となる理由はどこにあるのでしょうか。こちらもアンケート結果を見ながら探ってみましょう。

こちらも旅行にかかる予算は「3〜5万円未満」が22%でトップになりました。ただ、「5〜8万円未満」という回答も19%で続いており、選ぶホテルのクラスなどにより予算は変動しそうです。
また、一緒に旅行する相手としては「家族(56%)」がトップ。以下「友人(33%)」「恋人(6%)」と続いており、韓国とは少し異なる結果になりました。旅行しやすく、のんびりできる環境がファミリー層に指示される理由と言えそうです。

旅行日数は「3日間(36%)」と「4日間(36%)」が同率でトップになっており、合わせると72%もの人が3〜4日間で旅行を計画していることになります。このくらいの日程であれば、祝日をうまく使えば有休なしでも旅行の日数を確保できるかもしれません。

また、気になる旅行の目的は、やはり「観光スポットへ出かける(27%)」「ショッピング(26%)」「食べ歩き(18%)」というもの。また、グアムならではの「スポーツなどのアクティビティ(13%)」という選択肢もランクインしました。韓国と同様に行きやすさもさることながら、手軽にビーチリゾートが楽しめることもグアムが選ばれる理由なのかもしれません。

 

有給休暇を使ってでも行きたい!ハワイの魅力とは?

ハワイの魅力

それでは、ハワイの魅力はいったいどこにあるのでしょうか?

アンケート結果を見ていくと旅行にかかる予算は「10〜15万円未満が19%」、「15〜20万円未満(19%)」「20〜30万円未満(19%)」とほぼ同率で並ぶという結果に。それ以上も含めると、78%の人が10万円以上の予算で旅行しているという結果になりました。
また、韓国やグアムに比べると遠いこともあり、旅行にかかる日数も「5日間(36%)」と、ランクインした行き先の中では、比較的長い日程で旅行している人が多いようです。

このように、韓国やグアムと比べると少し手軽さに欠けるハワイ。しかし、ハワイの魅力に関する調査によると、実に94%の人が「リピートしたい」と回答しており、たとえ有休を使ってでも行きたいと考えている人が多いことがうかがえます。

旅行の目的としては「観光スポットへ出かける(30%)」「ショッピング(26%)」「食べ歩き(16%)」「スポーツなどのアクティビティ(9%)」の順番になっており、きれいなビーチでのアクティビティや、ショッピングなど、海外ならではの楽しみをしっかりとおさえているところが人気の秘訣と言えそう。

また、一緒に旅行する相手としては「家族」という回答が64%と最も多く、グアムと同じようにファミリー層からの人気の高さがうかがえます。

 

まとめ:それぞれに魅力のある旅行先、あなたはどこを選ぶ?

こうしてアンケート結果を見て行くと、どの旅行先にもそれぞれ利点があることがうかがえます。

アジアの中でも割安感があり、有休を使わなくても行くことができる韓国。近場で気軽にビーチリゾート気分を味わえるグアム。時間と予算は少しかかっても、楽しみ方が無限大にあるハワイなど。自分の都合や予算に合わせて、無理のない旅行先を選ぶことが週末海外旅行を最大限に楽しむ秘訣と言えそうです。

例えばこんな週末旅行はいかがですか?

調査期間:2015年7月3日~7月13日/全国の889名の男女が対象

 

ソウル旅行・ツアーを検索

グアムの旅行・ツアーを検索

ホノルルの旅行・ツアーを検索