岩佐 純

プロフィール 岩佐 純

株式会社リクルートに13年間勤務後、フリーランスに。在職中は、主に新規事業の担当として、ファッション情報サイト・フリーマガジンを立ち上げ、編集長を務める。2014年末に退社し、現在は憧れのパリで新生活を満喫中。趣味は、旅行・食べること・お酒を飲むこと。


パリの古着
フランス

ユーズド・ヴィンテージ(古着)の宝庫、パリでお買い物

街中にセンスあふれる洋服・小物屋さんがひしめく、モードの街、”パリ”。おしゃれ度アップする洋服が欲しいけれど、有名ブランドだと高級すぎたり、最先端のセレクトショップだと、ハイセンスすぎたりで、「日常的に着られない洋服を買っても…。」となかなかお買い物モードになりにくいものです。「何かパリっぽいおしゃれアイテムが欲しい!しかもお手ごろ値段で!」そんな方には、パリのおしゃれピープルも集う、古着屋さん(ユーズド・ヴィンテージショップ)がおすすめ。今回は、パリにある古着屋さんの中からおすすめの3店舗をご紹介します。

続きを読む 0 コメント
フランス

無料でも見ごたえあり!芸術の都”パリ”の新しいアートに、駅やストリートで出逢う旅

芸術の都”パリ”といえば、もちろん世界屈指の素晴らしい美術館や建物がひしめきあっていますが、そんな歴史あるパリの芸術に新しい風を運んでいるのが、ストリートアートです。建物の壁一面の壮大な作品や、なんてことのない道の片隅の作品など、さりげない作品でも驚くほどクオリティが高く、パリの街にマッチしています。そんなパリでは、地下鉄の駅もアーティスティック。実に多くのアート作品が身近に溢れているパリは、有名観光地だけでなく、移動中も見どころがいっぱいなのです。

続きを読む 0 コメント
フランス

観て、食べて、酔いしれて。パリ、気ままひとり旅のおすすめ

好きなだけ街をぐるぐる歩いて、美術館を気のすむまで観つくして、ショッピングも自分好みのお店に行って、お買い物…。見どころたっぷりのパリを「自分の思うママに満喫したい!」と一人旅を計画する方も多いのではないでしょうか? 今回は、パリ一人旅についてのエトセトラと、特に気になる食事スポットについて、これまでにパリのおすすめスポットを紹介した記事を中心に、ご紹介します。

続きを読む 0 コメント
フランス

“サロン・ド・テ”と“カフェ”の違いは?パリで優雅なときを過ごすなら、どちら?

パリの街でよく見かける“サロン・ド・テ(SALON DE THE)”の表示。フランス語で「喫茶店」の意味ですが、“カフェ(cafe)”とは何が違うのでしょうか? “サロン・ド・テ(SALON DE THE)”は、紅茶がメインの喫茶店のこと?いいえ、実は、“サロン・ド・テ(SALON DE THE)”と“カフェ(cafe)”の違いは、「食べ物があるかどうか」です。“サロン・ド・テ(SALON DE THE)”は、ケーキなどを食べながらお茶をするところ。“カフェ(cafe)”は、アルコールも含む飲み物を飲むところ。

続きを読む 0 コメント
リサとガスパール(Gaspard et Lisa)
フランス

絵本「リサとガスパール(Gaspard et Lisa)」のパリ巡り

日本では、世界初のテーマパークができるほど大人気の、「リサとガスパール(Gaspard et Lisa)」。フランス生まれの絵本に登場する、油絵タッチで描かれた“リサ”や“ガスパール”は、とっても愛らしく、絵本全体を通しての色彩も鮮やかなので、大人も引き込まれる絵本です。“リサ”と“ガスパール”が住んでいるのは、フランスはパリ。

続きを読む 0 コメント
パリのレンタル自転車
フランス

パリ観光に超絶便利。レンタル自転車「ヴェリブ(Velib’)」を利用してみよう!

パリは、意外にもコンパクトで、東京の山手線よりも少し広いくらいの街です。その広さの中に、多くの世界遺産をはじめ見どころがぎっしり詰まっているから、驚きです。さらに、パリの街には、モンマルトルの丘の付近を覗いて、“さほど急な坂もない“となると、観光地巡りに自転車が欲しくなるところです。

続きを読む 0 コメント
フランス

パリのコスメ最先端。手作りできるビオコスメとは?

パリでは、ライフタイルのオーガニック志向が引き続き高まっており、オーガニック専門の食品店が大流行りです。同じくコスメもオーガニックが人気で、オーガニックの既製品コスメはもちろん、最近ではさらに進化した、オーガニックの素材を使った、自分でつくるコスメも登場しています。今回は、ナチュラル志向のパリっ子も魅了するコスメ店をご紹介します。

続きを読む 0 コメント
パリの高級バター
フランス

まとめ買い必須!パリのマストバイは、高級バターで決まり

帰国後、冷凍しておけばかなり長持ちするバターは、パリ旅行のお土産の最有力候補。日本の高級フレンチレストランでも提供される、有名なバター「エシレ(Echiré)」や、「ボルディエ(Bordier)」、「ベイユヴェール(Beillevaire)」、そして「イズニー(ISIGNY)」など、バターのブランドもフランスではさまざま。中には、日本のスーパーで手にはいるバターもありますが、関税のためひとつ2,000円もする超高級品となってしまうことも。それがパリでは、なんと300円ほどの価格!その安さに、まとめ買いせずにはいられません。

続きを読む 0 コメント
パリ BHV(ベー・アッシュ・ベー)
フランス

日曜大工好きのパリっ子の聖地。BHV(ベー・アッシュ・ベー)へ

冬にはスケートリンクもでき、たくさんの人で賑わう、パリ市庁舎前にある、BHV(ベー・アッシュ・ベー)。レディース、メンズ、キッズの衣服、ブランドもの、電化製品、インテリア雑貨など、さすがデパートの品揃えですが、パリっ子にとってBHV(ベー・アッシュ・ベー)一番の人気コーナーは、地下の日曜大工用品売り場。フランス国内外の商品が充実しており、ブリコラージュ(古い物でも修繕して活用すること)好きのパリっ子の聖地のような場所です。

続きを読む 0 コメント
パリオペラ座
フランス

「パリオペラ座」の観光、公演観賞。チケットの事前予約、当日購入の方法とは?

「オペラ・ガルニエ」 (L’Opéra Garnier / Paris Garnier)の設計者は、「オペラ・ガルニエ」の名前の由来でもあるシャルル・ガルニエ(Charles Garnier)。日本では、「オペラ座」というとこのパリの「オペラ・ガルニエ」を指すことが一般的です。パリの「オペラ座」といえば、ミュージカルにもなった小説『オペラ座の怪人』の舞台。オペラやバレエファンに限らず、ぜひ中まで見てみたいとパリの必須観光スポットではないでしょうか?

続きを読む 0 コメント